1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 貿易業務の知識
  3. 国際物流の知識
  4. 輸入貿易業務の基礎知識

輸入貿易業務の基礎知識

輸入するには?

海外から輸入され保税地域に搬入された貨物は、輸入申告を行い、必要な審査や検査を受け、輸入許可になった後にはじめて貨物を国内に持ち込む事ができます。通常、通関業者(海貨業者)が輸入者の委託を受け、業務を行います。輸入業務は、以下に大別されます。

  • 船舶(または航空機)で海外から輸入された貨物(外国貨物)を、船会社/航空会社やコンソリ業者/NVOCCから受け取る為に必要な業務。
  • 必要に応じて行う、保税運送(OLT)やデバンニング作業等の保税地域内での作業。
  • 蔵置場所を管轄する税関に輸入申告し、更に他法令許可が必要な貨物であれば、各関係省庁へ申請をする輸入通関から許可までの業務。
  • 輸入許可が下りた貨物(この時点で「内国貨物」となります)を、輸入者の指定する納入先へ配送する業務。

輸入書類と貨物の流れ(海上輸送貨物)

輸入書類と貨物の流れ(海上輸送貨物)

輸入業務の流れ

通関書類受領

輸入通関に必要な書類を輸入者から入手します。 (Commercial InvoicePacking ListOriginal B/L, 原産地証明書(FormA)、Health CertificatePhytosanitary Certificate等)。 また、船会社から輸入者あてに発行されたArrival Notice(A/N=到着案内)も入手します。A/Nには、船名、積揚港、(揚港到着予定日)、貨物の搬入先、貨物の明細等が記載されているほか、海上運賃や諸チャージの請求書も兼ねており、輸入申告に必要な書類の一つです。

書類の内容チェック

当社通関グループにて、当該輸入貨物に関し、品物の価格や該当する統計品目コード(H.S.CODE)等を確認し、輸入申告書を作成します。他法令に係わる貨物(植物・動物・食品等)の場合は、各関係省庁(農林水産省・厚生労働省等)へ申請する為、必要書類の内容を確認し、申請書(データ)を作成します。

搬入確認

本船が入港して貨物が陸揚げされると、CYオペレーターが、貨物をマニフェストと照合し、陸揚げされた貨物の搬入データを作成します。これはB/L No.で管理されており、海貨業者は、該当貨物が到着しているか、また蔵置してあるCYはどこか、重量・個数・コンテナ番号は正しいか等を確認します。(CFSの場合はコンテナから貨物を取り出した後にマニフェストとの照合が行われる為、CFSオペレーターがデータを作成することになります。) 入力されているデータと輸入者から入手した書類が一致しない場合は、船社へデータの修正を依頼したり、貨物の内容点検をすることもあります。

輸入申告

搬入確認後、上記2で作成した申告書の明細と搬入データを照合し、NACCSを利用して管轄税関へ申告します。 税関にて、書類審査・貨物検査等が行われ、問題がなければ審査が終了します。他法令申請が必要な貨物は、諸省庁へNACCSにて送信、申請します。諸省庁機関にて、審査・検査後合格になります。なお、これら他法令申請が合格にならない限り輸入申告は許可となりません。(植物防疫検査該当貨物の場合は、コンテナを移動する前に現品検査の実施が義務づけられており、CFS貨物であってもCYの検査場で検査します。)

輸入許可

管轄税関での審査終了時点で、税関へ輸入関税/消費税を納めると輸入許可になり、輸入許可通知書が発行されます。(他法令申請がある場合は、他法令が合格しないと輸入許可にはなりません。)

D/O交換

貨物を引き取る為には、船社が発行するD/O(Delivery Order)が必要になります。Original B/Lと海上運賃、諸チャージを船会社へ差し入れ(B/Lの提出と費用の支払い)の上、D/Oと交換します。

配送手配

輸入者の指定場所へ貨物を納入する為、コンテナドレージ、トラック等の配送手配をします。 貨物引き取りに際しては、D/Oと輸入許可通知書をCY/CFSに差し入れる必要が有ります。CY/CFSでは、D/Oと許可書の明細を確認(対査といいます)した後、該当貨物を搬出します。当社倉庫での保管を依頼される場合は、ショートドレージおよび、コンテナから貨物を取り出すデバンニングの作業手配も行っています。


倉入通関とは?

当社では、冷凍コンテナで輸入する貨物(肉類、魚介類、野菜、果物等の食品類)も多数取扱っています。この様な冷凍貨物の場合は、コンテナに貨物が入ったままの状態で輸入通関をするのではなく、保税運送(OLT)でコンテナを輸入者指定の冷蔵庫(保税蔵置場)へ運送して、先に倉入れをしてから通関をするのが一般的となっています。この通関形態を倉入通関といいます。
この場合、輸入業務は

  1. 植物防疫検査をCYで受ける。(該当貨物のみ)
  2. 保税運送(OLT)でコンテナを冷蔵庫へ移動。
  3. 冷蔵庫にてデバンニング、個数等確認。
  4. 搬入確認後、輸入申告および、動物検疫検査の申請、(該当貨物のみ)食品等輸入届出の申請を行う。

という流れになります。(動物検疫検査は、冷蔵庫ではなくCYで受ける場合もあります。)
また、冷凍以外の一般貨物においても、港頭地区内で貨物を一時保管する場合は、倉庫(保税蔵置場)でデバンニング作業後に輸入申告をする倉入通関が一般的に行われます。


倉入通関の流れ

倉入通関の流れ

大型プロジェクト貨物の輸送

梱包業務


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る