1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 採用情報
  3. 先輩社員インタビュー
  4. 海運部門 船舶代理店グループ 村里菜穂

先輩社員インタビュー

海運部門

女性の現場職のパイオニアになれるよう頑張ります。

旭運輸に入社を決めた理由は?

日本の貿易を支える海運業のダイナミックさに惚れ、実際にモノが運ばれるところを身近に感じながら働くことができる、旭運輸に決めました。

いま、どんな仕事をしていますか?

現在は、自動車専用船の代理店を担当しています。オフィスでは、船のスケジュール調整と入港から出港までの必要な手続きを行い、現場では、船の着岸に立ち会い、船長とミーティングを行っています。一言で言うなら、「船と陸の懸け橋」となる仕事です。

オフィス作業風景

職場の雰囲気はどうですか?

常に、船のスケジュールや荷役状況に気を配っているので、社内・社外問わずコミュニケーションが絶えません。船とのやり取りは英語を使って行われるため、英語と日本語が飛び交っています。経験豊富な先輩方から、沢山のことを学ぶことができる良い環境です。

入社前に想像していたことと違う点は?

大きな船を動かす壮大な仕事ですが、想像以上に沢山の人が関わっており、それが完璧に繋がらないと、船の安全でスムーズな運航が成り立たないところです。

これまでの仕事で一番印象に残っている事は?

通関作業のトラブルで土壇場で船が出港できなくなり、深夜に船の出港に立ち会ったことです。

仕事の魅力・やりがい・楽しさを感じる時は?

大きな船、たくさんの貨物、そして多額のお金が動き、責任も大きい仕事ですが、船の運航に関わり、そのダイナミックさや異文化を肌で感じられるのが魅力です。船の出港を見送る際に、船長が手を振ってくれた時は、達成感を感じます。

作業風景

仕事の後や、休日の過ごし方は?

平日は、なるべく早く寝ます。休日は、少し夜更かしをして、翌昼まで寝ます。

今後の夢や目標は?

もっと知識や経験を増やし、自動車船だけでなく色々な船をアテンドできるようになりたいです。また、現場では女性がまだまだ少ないので、自分がパイオニアとなれるように頑張っていきたいです。

応募される方へメッセージをお願い致します

旭運輸は社員を大切にしてくれる会社です。一緒に港でダイナミックな仕事をしましょう。



おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る