1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 貿易業務の知識
  3. 物流Q&A
  4. 海上保険を掛けたいのですが、その種類と保険料について教えてください。

海上保険を掛けたいのですが、
その種類と保険料について教えてください。

海上保険の概要

海上保険は海上輸送にかかる特有の危険、即ち、沈没/座礁/衝突/火災等の他、輸送中に起こり得る一般的な危険、即ち、盗難/破損/錆び/雨濡れ/不着等による貨物の損害に対する保険です。貿易取引では、長期間の海上輸送を伴うことから事故が有ったときにその損害が大きくなることが予想されます。従って海上保険を掛けることが普通です。

海上保険を売り手側(輸出者側)の負担で掛けるか、買い手側(輸入者側)が付保するのかは、貿易取引契約によって決まります。CIF契約であれば、売り手側が保険を掛ける事になり、FOBやCFRでは、買い手側が保険を手配する事になります。

海上保険の種類

海上保険は、その契約がカバーする範囲から見て、以下の三種類に分けられます。

A/R
(旧協会貨物約款)
(=All Risks)
全危険担保⇒I.C.C.(A)〔新協会貨物約款(A)〕
最も一般的に行われる保険条件です。

海特有の危険は勿論のこと、通常特約しなければ担保されない海特有の危険を原因としない危険も担保されます。 また、戦争、ストライキ、内戦等(War&S.R.C.C.=Strike, RiotsandCivilCommotions)は保険証券本文(Policy Body)および協会貨物約款によって補償対象外とされていますのでこれらの危険は別途特約により担保されます。 戦争/ストライキ保険は、いずれも世界情勢の刻々の変化に左右される為、予想が極めて困難であることと、一旦事が起こればその被害が甚大なものになることという理由で、 特に紛争地域では保険料が高くなります。
FPA
(旧協会貨物約款)
(=Free From Particular Average)
分損不担保⇒I.C.C.(C)〔新協会貨物約款(C)〕
前述した海特有の危険は担保されますが、単独海損(荒天遭遇時の潮濡れ等)は担保されません。
但し、全損や共同海損は担保されます。
W/A
(旧協会貨物約款)
(=With Average)
分損担保⇒I.C.C.(B)〔新協会貨物約款(B)〕
共同海損・単独海損も担保されますが、免責歩合が有ります。

付保金額と保険料

付保金額(保険の対象となる金額)は、通常CIF金額の110%です。 付保金額=(貨物金額(C=FOB金額)+海上保険料(I)+海上運賃(F))×110% となります。110%とするのは、期待利益として10%上乗せすることが一般的だからです。
また、保険料は以下の計算によって求められます。 保険料=付保金額×保険料率 しかしこの場合、付保金額に海上保険料(I)が含まれていますので、上記の計算式では求めることができません。 よって実務上は以下の計算式で保険料を算出することができます。 保険料=CFR金額×保険料指数 保険料指数表は各保険会社が持っています。保険料率は、戦争危険等によって変わります。

損害事故が有った時の処理

海上貨物保険証券(=Marine Insurance Policyマリン・インシュアランス・ポリシー 通常単に、ポリシーといいます。)は、売り手が付保した場合、売り手によって当該保険証券が裏書きされて買い手に送られます。L/Cに記載が有れば、買取書類として銀行経由で買い手に送られます。裏書きによって、保険請求権は保険申込者から、証券の保持人(輸入者)に移ります。
船会社から引き取った貨物に事故が有った時、輸入者は保険会社(クレーム・エージェント)に連絡して保険求償手続きを行います。この求償処理には、Policy(保険証券)の他、InvoiceB/L等が必要になります。また、場合によっては、サーベイヤー(海事鑑定人)が損害査定を行うことも有ります。


大型プロジェクト貨物の輸送

梱包業務


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る