1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 貿易業務の知識
  3. 物流Q&A
  4. 共同海損とはなんですか。

共同海損とはなんですか。
当社の貨物を積んだ船が海上で火災を起こし、
船会社から「共同海損(G/A)を宣言した」との連絡がありました。

共同海損とは?

G.A.とはGENERAL AVERAGE(共同海損)の略です。船舶および貨物が共同の危険に晒されたとき、その危険から免れる為に船舶または貨物について、船長が故意に異常な処分をなし、または費用を支出することを共同海損行為といい、共同海損行為により生じた損害を共同海損といいます。
本船が火災を起こし自力航行が不可能となれば、本船の救助および貨物の保全を図る為、タグボートで本船を最寄りの港まで曳航します。そして貨物は別の本船に積み替えられて目的港まで運ばれることになります。
この場合、本船を曳航したタグボートの使用や貨物の積み替え等が共同海損行為となり、この様な、共同の危険から財貨を守る為になされた行為により生じた損害(共同海損)を、船と荷物の価額に応じて関係者間で公平に負担しようとする制度です。

共同海損に於ける損害の分担

共同海損損害を誰がどれだけ分担するかは、通常船主が指名する共同海損清算人(ADJUSTER)により、「ヨークアントワープ規則」に従って精算されるのが一般的です。 この精算には時として何年もかかることがあります。そこで、船主と共同海損精算人は、将来精算完了時に確定する分担金の支払いを約束する貨物保険者の保証状を全ての荷主に要求し、荷主がこの保証状を出さない限り貨物の引き渡しを行いません。そこで保険会社は引き受け保険条件に従い、荷主の為に保証状を発行するというのが実務です。
従って、保険をかけていなければ、現金を要求されることになり、分担金を支払わないと貨物の引き渡しを受けることができません。

手続きに必要な書類

提出必要書類としては、COMMERCIAL INVOICEのCOPY、AVERAGE BOND WITH NON-SEPARATION AGREEMENT等が有ります。
NON-SEPARATION AGREEMENT(船貨不分離の合意)とは、本例の様に、船舶が海難によって大きな損害を被り、大規模な修理を行わなければ航海を継続することが不可能となった場合に、貨物の積み替えを決定することがあります。船主側としては、貨物の積み替え費用や船舶修繕中の乗組員の賃金および扶養費をも、共同海損として容認される様にする為には、船貨不分離の合意を取り付ける必要があります。すなわち、船貨不分離の合意は、精算されるべき共同海損費用が積み替え港ではなく、貨物引き渡し港到着時に於ける救助された財貨の価額であることを意味しています。


大型プロジェクト貨物の輸送

梱包業務


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る