1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 貿易業務の知識
  3. 物流Q&A
  4. 食品を輸入する場合の事前準備や注意点は?

食品を輸入する場合の事前準備や注意点は?

日本に食品を輸入する為の事前準備

日本に輸入される食品は、すべて食品衛生法に基づいた規格や検査に合格したものでなければなりません。従って、多くの場合初めて食品を輸入する際には、厚生労働省が指定する分析機関で成分分析検査を受け、その食品の定められた規格基準に合格したものであることを証明する「輸入食品等試験成績証明書」を提示する必要があります。

なお、成績証明書の有効期限は一年間(細菌、カビ毒等は除く)なので、同じ品物であっても証明書発行日から一年を超えている場合は、分析検査を受け直した方が良いといえます。
実際の輸入食品の申請は「食品等輸入届出書」に必要事項を記載するか、またはNACCSにリンクしている「食品監視支援システム(FAINS)」を利用し、厚生労働省食品監視課宛に届出を行いますが、通常これらの届出は、輸入者に代わって我々海貨業者が行っています。

農産物や肉類の輸入時の注意点

一口に食品といってもいろいろなものがあり、それを輸入する際の手続きは、食品の種類によって異なります。(薬事法で規定される医薬品・医薬部外品は、食品には入れません。)
例えば、農産物(穀類・野菜・果実類)は、植物防疫法の規制も受けることになりますので、その為のPHYTOSANITARY CERTIFICATE(植物検疫証明書)が必要です。
また、肉類であれば、家畜伝染病予防法の規制を受ける為HEALTH CERTIFICATE(衛生証明書)が必要になります。いずれも輸出国政府機関により発行されるもので、輸出者に取得を依頼する必要があります。

加工品・食器等の取扱いの注意点

野菜や肉に限らず加工品は、使用している原材料や調味料、製造方法・工程を詳しく届出しなければならない為、それらを正しく把握しておく必要があります。
食品衛生法は、食品のみではなく、食品添加物、食器等の器具、容器、更にはおもちゃ等にも適用され、それぞれに対して合格基準が定められています。

関係法令

動物検疫
(家畜伝染病予防法)
動物検疫対象となるものを輸入する為には、動物検疫所に届出の必要があり、検査を受けなければなりません。 輸出国政府機関により発行されたHEALTH CERTIFICATE(衛生証明書)をもとに当該輸入貨物に関し、品物の規制や該当する統計品目コード等を確認し輸入検査申請書を作成します。 NACCSを利用して動物検疫所に申請後、書類審査が行われ動物検疫指定場所での検査で問題無いことが確認をされると合格となります。
植物検疫
(植物防疫法)
植物検疫対象となるものを輸入する為には、植物検疫所に届出の必要があり、検査を受けなければなりません。 輸出国政府機関により発行されたPHYTOSANITARY CERTIFICATE(植物検疫証明書)をもとに当該輸入貨物に関し、 品物の規制や該当する統計品目コード等を確認し植物、輸入禁止品等輸入検査申請書を作成します。 NACCSを利用して植物検疫所に申請後、書類審査が行われCYでの検査で問題無いことが確認をされると合格となります。
食品
(食品衛生法)
販売または営業に使用する食品、添加物を輸入する為には、厚生労働省食品監視課に届出の必要があり、必要に応じて検査を受けなければなりません。 原産国、製造所名称、製造工程、原材料表、用途等をもとに当該輸入貨物に関し、製造基準、保存基準、添加物の使用基準、検査の有無等を確認し食品等輸入届出書を作成します。 NACCSを利用して検疫所食品監視課に届出後、書類審査が行われ問題が無ければ届出済証が返却されます。食品一般の規格基準(成分規格・製造基準・保存基準)の他に各製品ごとに規格基準が定められています。

品目ごとの申請(届出)

肉類

肉類

食肉、食肉を使用した製品は、動物検疫対象となる為動物検疫所への申請、検査を受ける必要があります。食品一般の規格基準(成分規格・製造基準・保存基準)の他に製品の分類ごとに規格基準が定められています。また添加物には、使用基準が定められているものがあり注意が必要です。初回輸入時には、成分規格等の自主検査や原産国、製造所、使用原材料等により命令検査が必要になる場合があります。

関係法令 家畜伝染病予防法、食品衛生法
必要書類
  • 輸出国政府機関が発行したHEALTH CERTIFICATE(衛生証明書)
  • PACKING LIST
  • B/L
  • A/N
  • 製造工程(加工品のみ)
  • 原材料表(加工品のみ)等

水産品

水産品

食品一般の規格基準(成分規格・製造基準・保存基準)の他に製品の分類ごとに規格基準が定められています。また添加物には、使用基準が定められているものがあり注意が必要です。初回輸入時には、成分規格等の自主検査や原産国、製造所、使用原材料等により命令検査が必要になる場合があります。

関係法令 食品衛生法
必要書類
  • PACKING LIST
  • B/L
  • A/N
  • 製造工程(加工品のみ)
  • 原材料表(加工品のみ)等

農産品

農産品

植物検疫対象となる製品である場合は、植物検疫所への申請、検査を受ける必要があります。食品一般の規格基準(成分規格・製造基準・保存基準)の他に製品の分類ごとに規格基準が定められています。また添加物には、使用基準が定められているものがあり注意が必要です。初回輸入時には、成分規格等の自主検査や原産国、製造所、使用原材料等により命令検査が必要になる場合があります。

関係法令 植物防疫法、食品衛生法
必要書類
  • 輸出国政府機関が発行したPHYTOSANITARY CERTIFICATE(衛生証明書)
  • PACKING LIST
  • B/L
  • 製造工程(加工品のみ)
  • 原材料表(加工品のみ)等

申請(届出)の一般的な流れ

申請(届出)の一般的な流れ

大型プロジェクト貨物の輸送

梱包業務


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る