1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 貿易業務の知識
  3. 国際物流の知識
  4. 通関業務(税関申告/法令手続)の基礎知識

通関業務(税関申告/法令手続)の基礎知識

通関業務とは?

“通関”とは「外国に向けて貨物を送りだし、または本邦に引き取る為の手続きをする事」をいいます。他人の依頼により通関を行なう事を“通関業務”、業として通関業務を行なう事を“通関業”といいます。また、税関長の許可を受けて通関業を行う者を“通関業者”といいます。


輸出手続きの流れ

必要書類

輸出申告
輸出統計品目表と実行関税率表と関税六法、関税基本通達集、個別通達集
輸入申告

通関書類の作成からチェックへ

1の書類から通関に必要な項目をピックアップし、また貨物の分類や税率を決定して通関書類を作成し、通関士が下記のチェックを行います。

a.チェック項目
・申告書に記載する内容とインボイスとのチェック(通貨、取引条件、仕向地、原産地等)
・貿易管理令、他法令の該当・非該当と必要書類の確認
・貨物の分類、輸入においては税率
・その他 申告許可に必要な書類
b.申告価格(課税価格)
輸出の申告価格はFOB、輸入の申告価格はCIFです。
輸入では関税等の課税対象となる為、課税価格ともいいます。
c.貿易管理令
・輸出貿易管理令: 国際的な平和や安全の維持を目的とした輸出規制です。兵器やその材料、作る技術について規制しています。
・輸入貿易管理令: 輸入品目を規制しています。にしん、くじら、クロマグロ等に対し、輸入割当制、承認、事前確認を義務付けています。

輸出入申告

輸入貨物の検査をする税関職員と通関士
輸入貨物の検査をする税関職員と通関士

貨物の保税地域への搬入を確認後、NACCSを利用して、輸出入申告を行います。必要に応じて税関へ申告書類を提出し、商品や、法令該非の説明を行います。貨物検査(税関検査)の場合は立会いをし、税関職員の質問等に答え、必要な場合には主張、陳述を行います。

許可と納税

税関は、申告内容に間違いが無く輸出入に問題がない事を確認した上で、審査を終了します。輸出申告では、税関の審査が終了すれば許可となりますが、輸入申告では、この時点で納税をし、他法令が該当の場合は、合格後、輸入許可になります。

納税には即納と延納の2種類があります。即納とは、文字どおり審査終了後に関税、消費税等を納付することです。NACCSを利用し、銀行口座から自動的に納税できます。また、NACCSを利用せず、銀行窓口で支払う事もできます。

延納とは納期限延長制度の略称で、事前に担保を提供して、税金の納付を3ヵ月以内の期限で延長する制度です。担保額が納税額よりも多ければ、税関の審査終了時に即輸入許可になり、貨物を引き取る事ができます。

許可後の手続き

輸出  船積確認と輸出許可通知書の返却
輸入  輸入許可通知書、納付書、領収書の返却


通関士とは

通関業法では以下の様に、通関士の設置と職務を規定しています。 通関士は通関業務に必要な、法的、実務的知識を問われる通関士試験に合格し、 税関長の確認を受けた、国家資格者です。

通関業法第13条
通関業者はその通関業務を行う営業所ごとに政令で定めるところにより、通関士を置かなければならない。

通関業法第14条
通関業者は他人の依頼に応じて税関官署に提出する通関書類のうち政令で定めるものについては、通関士にその内容を審査させ、かつ、これに記名押印させなければならない。


NACCS(通関情報処理システム)

NACCSとは、Nippon Automated Cargo Clearance Systemの略称で、 国際運送貨物に係る税関手続き、その他の国際貨物業務を、迅速かつ的確に処理する為に稼動を開始した電算処理システムです。

本システムの運営・管理の業務を行う運営体として設立された財務省の認可法人であるNACCSセンター(輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社)のホストコンピュータと、税関、通関業者、船会社、その他利用者事務所の端末コンピュータをリンクさせ、通関業務、保税業務等を行います。

輸入海上貨物を例に取りますと、外国貿易船入港時の入港届や積荷目録の提出、貨物の搬出入情報、保税運送、輸入申告、口座振替による関税・消費税の納税、厚生労働省や農林水産省への法令手続等のデータを共有化することにより、多様な業務を迅速に処理しており、税関、通関業者をはじめ、船会社、船舶代理店、コンテナヤード、保税蔵置場、銀行を利用者とした、総合的なデータ処理システムです。

NACCS(通関情報処理システム)

大型プロジェクト貨物の輸送

梱包業務


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る