1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 貿易業務の知識
  3. 国際物流の知識
  4. 船の入出港(船舶代理店)について

船の入出港(船舶代理店)について

船舶代理店とは?

本船が入出港できる様に、バ-スの確保、航路管制時間の取得、水先案内人(パイロット)、曳船(タグボ-ト)の手配や、C.I.Q.(税関・入国管理局・検疫所)への手続きおよび荷役作業の手配等、様々な手配や手続きを行います。

  • 本船上での船長との打合せ
    本船上での船長との打合せ

船会社や前港の代理店、バ-スオペレ-タ-等と打ち合せをし、前日までに入港に備えて準備をします。船長と関係先に船の名古屋港でのスケジュ-ルをEメ-ルで知らせます。多様な国籍の船が毎日、名古屋港・四日市港へ入港しています。本船とのコミュニケ-ションには英語は欠かすことができません。
入港、出港の際、それぞれ入出港時間、燃料や清水の量・喫水、荷役時間および特記事項を船会社や次港の代理店に連絡します。船舶代理店といっても、その立場は、船舶運航者、傭船者、船主とその時々によって様々です。また、荷役中の事故や暴風雨の接近等、緊急時にも、必要な処置を機敏にこなす頼りになる存在です。


船内荷役とは?

積み付けプランニング
積み付けプランニング

船舶に於ける貨物の積み卸し作業のことをいいます。
ベ-スプランをもとに、入念な荷役計画を立てます。船積みにおいては、船会社から送られてくる積みデ-タを基に海貨業者や、倉庫/モ-タ-プ-ルのオペレ-タ-等と現物の確認を行います。

自動車の船積みのプランニングでは、多様な構造の自動車専用船に最適な車種を最も効率良く船積みする為に、現在ではシステムによりストウェ-ジプラン(積み付けプラン)を作成しています。 (当社では独自の自動車専用船積み付けシステムAAPSを開発)

自動車専用船では、プロのドライバ-たちよって、スピ-ディ-に効率良く自動車が積み込まれていきます。その台数は1日7時間で凡そ3,500台です。船内では僅か前後30cm、左右10cmの間隔で積み付けられ、まさに熟練によってなせる技といえます。

出港風景
出港風景

フォアマンは、船内作業員を指揮監督すると共に、ストウェージプランどおりに貨物が積み付けられているかを確認します。船内荷役作業も重要な品質管理であるとの立場から、お客様の大切な貨物の安全輸送の為にチェックを怠りません。
在来船の荷役作業では、エキスパ-トたちが多種多様な貨物を必要な用具/機器を使い、迅速かつ最も安全な方法で積み卸しを行います。


大型プロジェクト貨物の輸送

梱包業務


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る