1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. 目的から選ぶ
  3. 輸出入を始められる方
  4. 輸出入を始められる方(輸入)

輸出入を始められる方(輸入)

輸入のことならお任せください

納入方法のご提案

コンテナのままでの配送から当社倉庫でのコンテナ出し、仕分け、保管等、お客様のご要望にお応えできるベストなご提案を致します。

関税、その他コストのご試算

輸入品に対する関税は、お客様のご商売にとって大きな要素です。関税は物品や原産国によって、特恵関税、経済連携協定(EPA)または自由貿易協定(FTA)等の軽減税率を適用することができます。当社の通関士が事前に調査し、適切なアドバイスを差し上げます。

また、輸入品のお引き取り、配送に関わる全体の物流コストにつきましても、経験豊富なスタッフが事前に試算をし、ご商売のお手伝いをさせていただいています。

船会社等への料金お支払い

船会社等への料金お支払い

海上運賃が海外で支払われていても、日本側で発生する諸料金のお支払いが必要になります。当社では輸入通関はもとより、各船会社とのやりとりを代行します。

輸入業務に於ける料金体系
輸入通関料
通関業者が税関に対する輸入申告を行う際の事務手数料となります。
通関料の収受金額は税関指導によりタリフがあります。
輸入取扱い料金
輸入業務、手配に関する代行事務手数料となります。
デバン倉入作業料
デバン作業:実入りコンテナをデバンニングし、輸入書類(積地からのPacking List)と照合し、検品を行います。
倉庫搬入:デバンニングされた貨物をお客様指定の管理体系に合わせて保管。倉庫から直接、最終消費者へ配送されることが多いことから、出庫形態にあわせた在庫管理が求められています。
ドレージ料(ショートドレージ料)
倉庫でのデバンニング作業の為、本船からCYに陸揚げされたコンテナを引取り、デバンニング後、空コンテナを船社指定のバンプールに返却するまでの運送費用です。場合によっては、コンテナの洗浄作業が発生する場合もあります。
コンテナサイズ・走行距離(ラウンド)によって算出致します。
OLT取得料
輸入許可前に外貨のまま保税倉庫へ運送する場合は、税関に対しOLT申請が必要となります。
トラック配送料
4t、10t、増トン車、トレーラー等 運送形態、走行距離によって算出致します。
その他
税関検査:検査となった場合に、開梱/再梱包作業や、検査場所までの運送、税関諸手続等が発生致します。
保管料:期間、単位より保管料金を設定致します。
付帯作業料:ソート、ラベル貼り、梱包等の流通加工をする必要がある場合に発生致します。

輸入に関する様々な法律手続きの代行

植物防疫 動物検疫 食品届

>食品の輸入についてはこちらをご覧ください

コストを抑えたデバンニング

保管コストを抑えて配送をします。倉庫で保管する必要はないが、コンテナのまま直接配送できない場合や配送先でデバンニングが困難な場合は、当社倉庫で一旦コンテナよりデバンニングを行い、倉入保管しないで、そのままトラック積みをして配送します。

貨物の流れ

  1. CY(コンテナヤード)
  2. コンテナ
  3. 倉庫(デバン)
  4. トラック
  5. 納入先

他にもこの様な課題・問題を解決します

輸出の面倒な手続きを代行して欲しい、コストを抑えたい

>輸出入を始められる方のページへ戻る

輸入業務に関するお問い合わせはお気軽にご相談ください。

輸出営業グループ
TEL:052-654-0123
FAX:052-653-4670
輸入営業グループ
TEL:052-654-1221
FAX:052-653-0340
食品営業グループ
TEL:052-654-1224
FAX:052-653-6152
東京支店
TEL:03-6459-0857
FAX:03-6459-0867


おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る