1. 旭運輸株式会社トップページ
  2. CSR活動
  3. コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

旭運輸グループ企業行動憲章

私達は昭和27年の創立以来、幾多の困難を乗り越えながら、たゆまぬ研鑽に励み、時代の要請に沿ったサービス向上を通じて社会の発展に貢献し、お客様に愛され信頼される企業を目指し、誠心誠意努めて参りました。
企業として今後、更なる成長と発展を遂げ、お客様から一層の信頼を得るためには、単にコンプライアンスにとどまらず、社会人としての健全な常識やより高い倫理観をもって企業活動を展開し、自らの社会的責任を果たしていかなければなりません。
コンプライアンスを実践するための基本方針として、ここに「企業行動憲章」を制定します。

社会的責任と使命の自覚
港湾運送事業者及び総合物流事業者に課せられた、安全且つ優良なサービスを提供することの社会的責任と使命を自覚し、お客様の期待と信頼に応え、合法的且つ公正な企業運営を通じて適正な利潤を確保し、株主に報いるとともに従業員とその家族のゆとりある生活を確保します。
法令やルールの厳格な遵守
誠実且つ公正な企業活動を遂行する為に、国内外の各種法令及び社内規則を尊重し、社会的倫理・道義に反する行動を慎み、社会から信頼される企業を目指します。
社会貢献活動と環境への取り組み
企業市民の一員として、社会貢献活動を積極的に推進すると共に、社会共通の課題となっている様々な環境問題にも主体的に取り組みます。
反社会的勢力との対決
市民生活の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、断固として対決し、関係遮断を徹底します。
良好な職場環境の形成
安全衛生活動を推進し、従業員が安心して働くことができる職場環境を整えると共に、従業員一人ひとりの人格、個性を尊重し、コミュニケーションの取れた快適な職場づくりに取り組みます。

コーポレート・ガバナンス

内部統制活動

企業が安定的な成長を続けるためには、内部統制システムを構築するとともに、その有効性と効率性を維持する必要があります。
当社は、日本郵船グループの一員として、業務の有効性・効率性、財務報告の信頼性、事業活動に関わる法令等の遵守及び資産の保全を達成するための体制を維持する目的で、平成26年4月に内部統制グループを新設し、内部監査活動などを通じて内部統制システムの有効性の評価・モニタリングを行っています。

コンプライアンス

コンプライアンスとは、かつての法令遵守という解釈から、今日では、更に広範囲な「企業独自の経営理念や企業倫理を社内に浸透させ、それらを遵守させるための諸活動である。」と定義されるようになってきました。
当社では、旭運輸グループ企業行動憲章及び行動基準を平成25年に改正し、この中に掲げる通り、業務執行に関わる法令の遵守、贈収賄等の防止、公正・自由な競争、人権や国際規範の尊重、反社会的勢力の排除等をグループ会社を含む社員に浸透させ、遵守させるために、コンプライアンス委員会を設置し、コンプライアンス活動に関連する重要事項の協議並びに意思決定を行っています。

リスク管理・危機対応

企業を取り巻くリスクは多様化しており、企業が存続してゆくためには、考えられるリスクに対して適切な対応を行うための体制整備が求められます。
当社では、大規模な災害や事故が発生した場合などの緊急事態において、事業を可能な限り中断せず、また、中断した場合においても、出来る限り、早急に復旧できるように、グループ会社を含む「事業継続計画(BCP)」を策定しています。
また、情報システムに対するセキュリティ対策についても、コンピュータのウイルス対策やネットワーク・セキュリティ対策などの情報セキュリティ体制の強化に取り組むと同時に、社員を対象とした情報セキュリティe-ラーニングなどのセキュリティ啓発活動を実施しています。


職場環境

一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うとともに、 次世代育成支援について地域に貢献する企業となるため、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成27年4月1日~平成30年3月31日までの3年間

内容
目標1:育児休業中及び復帰後の処遇に関する案内を作成し、イントラネットで提供することにより父親の育児休業を促進する。
対策
平成27年 4月~  父親が育児休業を取得できる期間について説明資料の作成
平成27年10月~  メールでの社内通知及びイントラネット上で公開
目標2:早帰り日の実施や時差出勤制度の活用により、所定外労働時間を削減する。
対策
平成27年 4月~  早帰り実施状況と時差出勤制度の取得状況を調査
平成28年 4月~  部署毎に問題点の検討を行い、対策を立案
平成29年 4月~  対策を実行し、所定労働時間外を削減
目標3:学生に対しインターンシップその他の職場体験機会を提供する。
対策
平成27年 4月~  昨年度インターンシップの見直し
平成27年10月~  職場体験機会、職場見学会等の検討
平成28年 4月~  見直し後のインターンシップ、職場見学会等受け入れの実施

愛知県ファミリーフレンドリー企業

愛知県ファミリー・フレンドリー・マーク

愛知県では、ワークライフバランス(仕事と生活の調和)の実現に取り組み企業を奨励・支援し、その取組みを広く紹介するため、それらの企業を「ファミリーフレンドリー企業」として登録する制度を創設しました。
当社は、平成25年1月15日付で、仕事と生活の調和のとれた働き方ができる職場環境づくりに取り組む、愛知県ファミリーフレンド企業として、登録を行いました。



おすすめ関連メニュー

名古屋港紹介

詳細を見る

お問い合わせ・お見積り

詳細を見る

採用情報

詳細を見る